スーパーホワイトEX

スーパーホワイトEXの海洋深層水【αGri-X】ってどんな効果があるの?

スーパーホワイトEXの効果を探るうえで外せないのが、【αGri-X(アルファグリックス)】という海洋深層水の存在です。

 

【αGri-X(アルファグリックス)】は、もともと、医療用に開発された特殊な海洋深層水です。

 

【αGri-X(アルファグリックス)】には、「抗菌作用」「抗炎症作用」「細胞賦活作用」の3つの作用があり、アトピーなどの敏感肌、ニキビ、シワ、シミ、たるみに非常に高い効果がある成分です。

 

ここでは、【αGri-X(アルファグリックス)】とは一体何か?やその効果を徹底検証していきたいと思います。

そもそも、海洋深層水ってなに?

海洋深層水とは、太陽の光がほとんど水温が年間を通してほとんど変化しない水深200m以深にある海水のことで、全く汚染されていない2000年以上前の海水のこと。

 

海洋学的には、深度0〜200mが“表層水”、深度200〜1000mが“中層水”、深度1000〜3000mが“深層水”、3000m〜の深度が“超深層水”と分けられてます。

 

近年、海洋汚染の進行が声高に叫ばれていますが、実際に、海洋汚染が影響を受ける部分というのは、海の表層(深度200m)までで、深部200m以深は全く影響を受けていないと考えられています。

 

この全く、汚染されていない、クリーンな海水のことを「海洋深層水」と呼ぶのです。

 

 

海洋深層水の清浄度やミネラル分の豊富さは、深度が深くなるほどに高くなるというのは何となくイメージできますね。

 

海水の組成は、私たちの体液の組成と非常によく似ており、海は、生物の“命の源”だと考えられています。

 

意外かもしれませんが、実は、現代の科学や技術をもってしても、現在、“海水”の再現はできていません。

 

命の源になる“海水”とはそれほど組成が複雑で、かつ、未知の未知の力を秘めた不思議な水なのです。

 

この“海水”の深部に眠る、全く汚染されていない海洋深層水を体に使用することで、肌や体の細胞は信じられないスピードで修復を始めるのです。


スーパーホワイトEXの海洋深層水【αGri-X】と普通の海洋新海水の違いとは??

海洋深層水の底知れぬパワーは十分にお分かりいただけたかと思います。

 

海洋深層水が体や肌に素晴らしい効果をもたらすことが明らかになってきている現在、日本では、数多くの海洋深層水の商品が、ぞくぞくと発売されています。

 

特に海洋深層水のドリンクなどは人気ですよね!

 

しかし、スーパーホワイトEXに含まれる【αGri-X(アルファグリックス)】と普通の海洋深層水の違いとは一体何でしょう?

 

 

ここでは、【αGri-X(アルファグリックス)】と普通の海洋新海水の違い3つをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

これら3つの違いを1つずつ解説していきたいと思います。

 

1.【αGri-X(アルファグリックス)】は深度1400mから採取した海洋深層水!

 

一般に、海洋深層水は、深度200m〜400mの深層から採取されています。

 

対して、【αGri-X(アルファグリックス)】は深度1400mと深度600mから採取されたもの。

 

先に述べたように、海洋深層水は、より深いところから採取すればするだけ、水が澄み渡り、ミネラル分に富んだものが存在します。

 

太陽の光が届かない冷たく暗い深海は、最小の生命体であるプランクトンや細菌類が存在しないんですね!

 

植物プランクトンや細菌類が存在しないということは、光合成が行われないので、海の栄養素がそのまま海に残るのです。

 

 

本当〜〜〜!!に澄んだ、ミネラルが濃縮された海水ということです。

 

 

そして、水質を悪化させる有機物を発生しないので、海洋深層水は無機化し、水はどんどん清浄になります。

 

また、1400mという深海では、信じられないくらいの水圧がかかるので、ミネラルがイオン化し、海水に溶け込み、豊富なミネラル分を豊富に含んだ海洋深層水が出来上がるのです。

 

 

この海洋深層水が、【αGri-X(アルファグリックス)】です。

 

 

 

 

うーん……難しい…。

……とにかく、キレイで肌にいい海水ということですね!


 

 

2.【αGri-X(アルファグリックス)】は腐らない!?魔法の海洋深層水!

 

水は、放置していれば当然腐りますよね。

 

だんだんと菌が繁殖していき、気づくと、異臭を放つようになります。

 

【αGri-X(アルファグリックス)】のスゴイところはその腐りにくさ!

 

【αGri-X(アルファグリックス)】には、「抗菌作用」「抗炎症作用」「細胞賦活作用」の3つの作用があり、この中の「抗菌作用」が品質保持に大きな役割を果たします。

 

一般に販売されている化粧品の8〜9割は“基材”として“水”が使用されています。

 

化粧水などの成分表をみると一番初めに“水”と記載されているはずです。

 

そして、この基材である水が腐らないようにするために、大量の保存料が添加されています。

 

 

一方、スーパーホワイトEXの成分表がこちら。

 

「水(海水)、オクチルドデカノール(植物でんぷん)、ペンチレングリコール(植物でんぷん)、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジチルタウリンNa)コポリマー(アミノ酸)、α-アルブチン(コケモモ)、フラーレン(墨)、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(トウモロコシ、椰子)、ゼニアオイエキス(ゼニアオイ)、セイヨウハッカ葉エキス(西洋ハッカ)、セイヨウサクラソウエキス(西洋桜草)、ハゴロモグサエキス(羽衣草)、ベロニカオフィシナリスエキス(ベロニカオフィシナリス)、メリッサ葉エキス(メリッサ)、セイヨウノコギリソウエキス(西洋鋸草)、グリセリン(植物油脂)、フランスカイガンショウ樹皮エキス(フランス海岸松)、豆乳発酵液(豆乳)、プルーン分解物(プルーン)、カミツレエキス(カミツレ)、甘草エキス(甘草)、カッコンエキス(カッコン)、アロエベラエキス-1(アロエベラ)、クロレラエキス(クロレラ)、ムクロジエキス(ムクロジ)、キラヤエキス(キラヤ)、ヒオウギエキス(ヒオウギ)、ポリソルベート60(アブラヤシ)、パルミトイルグルタミン酸Mg(椰子)、パルミトイルプロリン(椰子)、パルミトイルサルコシンNa(椰子)、エタノール(糖)、BG(植物でんぷん)、海塩(海水)」

 

まず一番はじめに書かれているのが、“水(海水)”と書かれていますね。

 

つまり、スーパーホワイトEXのほとんどが、海洋深層水の【αGri-X(アルファグリックス)】でできているということなんですね。

 

そして、保存料などの添加物が入っていないことがわかります。

 

 

これは、【αGri-X(アルファグリックス)】の「抗菌作用」により、添加物が必要ないから。

 

 

なんと、スーパーホワイトEXには、一切、石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、合成着色料、合成香料、鉱物油といったお肌に負担になる添加物が配合されていません。

 

また、保存効果をよくする、エタノールも不配合。

 

これも、すべて、【αGri-X(アルファグリックス)】の「抗菌作用」のおかげに他なりません。

 

 

化粧水の基材(ベース)が“水”で、保存効果をUPさせる添加物を入れてしまうのか、保存料不要の【αGri-X(アルファグリックス)】にするかでは、化粧品の効果に大きな差が生まれてくることは簡単に想像できると思います。

 

 

 

 

「抗菌作用」のあるアルファグリックスだからこそ、添加物なしでも腐らない化粧品が実現したんですね!

 

 

3.【αGri-X(アルファグリックス)】は最先端の医療の現場で使われている!

 

実は、【αGri-X(アルファグリックス)】は、もともとは、医療現場での活用を目的に開発がすすめられた成分です。

 

開発のきっかけになったのは、沖縄沖の海で大やけどを負ってしまった漁師さんが、やけどを冷やそうと、冷たい海洋深層水に肌を付けたのが始まり。

 

その漁師さんは、ひどい火傷だったにも関わらず、海洋深層水に手をつけた部分は驚異的なスピードで肌細胞が回復したことから本格的に研究されることになりました。

 

そして、のちに、この冷たい海洋深層水が、【Gri-X(グリックス)】と命名され、医療や美容の分野で広く活用されるようになりました。

 

 

【αGri-X(アルファグリックス)】は、人の体液と非常に似た組成をしていて、通常であれば人間の体液以外は絶対に通さないバリアゾーンをも透過し、真皮層まで浸透することができます。

 

この浸透力の高さから、傷ついた細胞の修復を驚異的にサポートします。

 

医療現場では、火傷の治療はもちろんのこと、皮膚炎(アトピー)の治療、臓器保存の組織液として幅広く活用されています。

 

 

《医療現場の【αGri-X(アルファグリックス)】活用法》

・医薬品基準としても細胞賊活効果(線維芽細胞活性化)
・アトピー皮膚炎に著効(70%に改善効果)
・床ずれの改善
・紫外線皮膚炎症の回復
・ヒト線維芽細胞の活性化、回復傾向の促進
・化膿菌、腸内細菌、ピロリ菌などに対する抗菌効果

 

 

 

こちらが実際の臨床での写真です。

 

 

 

火傷でただれた肌がきれいに回復していますね!

 

 

 

アトピーや乳児湿疹にも効果が見られます。

 

ドクターリセラは、赤ちゃん用のベビースキンケアを出していますが、これは、刺激がほぼないにも関わらず、炎症を抑え、肌細胞を修復していく効果があるアルファグリックスが配合されているからなんですね!

 

 

 

 

医療現場で使われているなんてすごい!

海水なので、刺激がほとんどなく、赤ちゃんにも使えるのは安心!
我が家も、子どもが日焼けしたときや肌がかぶれた時には使っています。


まとめ

【αGri-X(アルファグリックス)】は、これから、医療や美容の現場でさらに活用が期待される成分です。

 

スーパーホワイトEXを含め、ドクターリセラのお化粧品は、すべて、【αGri-X(アルファグリックス)】が基材として使われています。

 

スーパーホワイトEXの驚異的な効果は、【αGri-X(アルファグリックス)】の力も大きく影響しています。

 

スーパーホワイトEXもアクアヴィーナスシリーズのベースももちろん、【αGri-X(アルファグリックス)】が配合されています。

 

 

page top